NPO法人エコロジー夢企画


お知らせ

デジタルマップ制作

環境調査

水質浄化

ビオトープ

桑袋ビオトープ公園

交流事業

リポート

組織概要

定款

お問い合わせ

ホーム
足立区環境デジタルマップ

NPO法人
エコロジー夢企画
〒120-0036
東京都足立区西綾瀬
1-1-14
TEL:
03-3886-6554

ソーシャルアクションリングオフィシャルサイト

みんなのソーシャルオピニオン

ビオトープ
足立区内環境デジタルマップ制作 環境調査 水質浄化 ビオトープ 桑袋ビオトープ公園 交流事業
NPO法人エコロジー夢企画

エコ夢探検隊 お月見コンサート

今日の大きな満月みましたか?

今年も恒例のお月見コンサートを9月6日(土)に大曽根ビオトープで開催します。

ギンヤンマの飛びかう土手には、この頃チョウトンボやハグロトンボもやってきます。

そのあとは木の実で手作り楽器を作って、コンサートに参加しましょう。

今年は、千住で東京芸大の学生たちと様々な音楽イベントを繰り広げている小日山さん、伊原さんとのコラボが実現しました。

手作りの太鼓やギター、民族楽器で踊り出したくなるような楽しいコンサートになりますよ。

大人もこどもも集合してね!

お月見コンサートチラシ 0811

ギンヤンマを追いかけて

ギンヤンマを追いかけて



こどもたちもダンシング

こどもたちもダンシング

エコ夢探検隊2014 綾瀬川の魚と昆虫をしらべよう!」

毎年恒例のエコ夢探検隊は、7月5日(土)開催です。 今年も足立区桑袋ビオトープの昆虫を調べ、そのあと対岸の八潮市大曽根ビオトープで昆虫と魚を調べましょう。 昆虫は、ヤゴ救出でもおなじみの昆虫何でも博士の土岐先生、魚は埼玉県の佐藤正康さんが投網を打って、指導して下さいます。今年はどんな虫や魚が取れるか楽しみですね。スケジュール・地図などくわしくは、こちら エコ夢パンフ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コピー ~ IMGP9407

 

<スケジュール> (小雨決行、大雨の場合は中止)

10:15~ 受付 足立区桑袋ビオトープ公園

10:30~ 開会

10:35~ 昆虫を見つけよう (昆虫何でも博士の土岐先生が解説)

11:30~ お弁当タイム

12:00~ 徒歩で大曽根ビオトープへ移動

12:30~ 大曽根ビオトープの魚と昆虫調べ

13:30~ 魚をしらべよう! (佐藤正康先生の投網で魚を採集) 一番好きな魚の絵を書こう!

15:30~ 閉会 ※小学校低学年は、保護者同伴

※参加費 1人300円 (保険料含む)

<服装> 薄手の長袖・長ズボン・汚れても良いクツ・帽子   <持ち物>   昆虫採集用アミ・虫かご(名前を書いてきてね)   

お弁当・飲み物・タオル・着替え・はきかえ用クツ(サンダル・クロックスは危ないです)

<交通> 桑袋ビオロープ公園へ ・東武伊勢崎線谷塚駅から花畑桑袋団地 行き  バスで6分位、 「保育所前」下車、徒歩5分(土曜日 9時20分、40分発)

大曽根ビオトープへ 綾瀬駅西口から八潮北口方面行きバス で14分「関屋」下車2分 (土曜日 12:11、12:27発)

この事業は、公益財団法人日本環境協会 東京ガス環境おうえん基金の助成を受けています。

※この事業は復興支援・住宅エコポイントの寄付を受け、東京ガス環境おうえん基金助成とは重複しない部分についての費用に充てさせていただいています。

綾瀬川でアユの遡上確認!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アユ



26年5月17日(土)13:50~15:50 綾瀬川中流の岩槻駅近くの加倉堰下でアユの遡上調査を行いました
埼玉県環境科学国際センターの金澤さんの指導の下、四手網での調査を2時間行ったところ、稚アユ(4.5~7㎝)が6匹捕獲されました。6月1日が解禁日のため観察した後放流しました。
他に、オイカワ(3.5㎝) 10匹、ボラ(4.0~6.0cm) 9匹、モツゴ(3.5~6.0cm)、ウキゴリ(3.5㎝)1匹 が捕獲・放流されました。
綾瀬川ではアユの遡上は7月まであり、9月ごろ大人のアユになるそうです。今後なん回か、同地点で調査ができると生育状況がわかるので、会として2m四方の四手網を購入して、何回か調査したら良いというアドバイスを受けました。
協力して下さる会員やその仲間を募りたいと思っています。魚好き、投網が打てる方がいたら御紹介ください。岩槻インターをおりてすぐの「肉の万世」裏手ですし、駅からも歩いて20分くらいです。
今回の調査で、あの汚い綾瀬川もアユが遡上するまでには回復してきていることがわかりました。
「もっとアユが棲みやすい環境を作るため、出来ることを考えよう!」

オイカワ

オイカワ




モツゴ

モツ



ボラ

ボラ



ウキゴリ

ウキゴリ



 

 

 

 

 

エコゆめ探検隊 7月7日(日)

今年のエコゆめ探検隊は、7月7日(日)と10月19日(土)に決定しました。

自然地の中で昆虫をみつけたり、お魚を調査したりしましょう。

NPO法人エコロジー夢企画では、2006年から毎年綾瀬川下流部に当たる八潮市大曽根ビオトープで魚の調査と昆虫調査を行っています。
午前中は対岸の綾瀬川の水を浄化している足立区桑袋ビオトープ公園で昆虫調査を行い、園内でお弁当を食べた後、川沿いに15分ほどの八潮市大曽根ビオトープまで移動して、昆虫調査と魚類調査を行います。
大曽根ビオトープには池が三つあります。川とビオトープ内の池をつないだ日本で初めての魚道で、潮位差による水の入れ換わりを期待して作られましたが、近年堆積物が増えたことから、ことし、改良工事が行われました。調査結果が楽しみなところです。
是非皆さま綾瀬川下流では唯一のビオトープにお越しください。
詳しくは、チラシエコ夢探検隊2013 


桑袋ビオトープで昆虫調査

P1060889調査隊2




 

■ビオトープ製作

足立区立第14中学校は、卒業制作にビオトープ製作を予定している。ビオトープ製作を生徒や保護者の会が主体となって実施できるよう、エコ夢から実施方法を提示し製作支援を行う。

 
船橋市立小学校に作った間仕切りビオトープ
鯉の棲み家と小生物の棲み家を仕切ることで、多様な生育環境が創造できる。

■コンクリート池がビオトープに!

足立区立第十四中学校の生徒・PTAによるビオトープづくりを指導支援した。生徒がビオトープの構成をデザインし、20個の植木鉢を購入し、粘土質の荒木田土を土嚢袋に10袋、こちらは寄付頂いた。また、バクテリアや小魚の隠れ家になる礫(れき)は、桑袋の綾瀬川浄化施設建設工事業者㈱あすなろ建設にお願いし寄付して頂いた。バクテリアのすみかにする紙の卵パックもたくさん集まった。3月7日午前中、綾瀬川のビオトープを見に行き水草を採取、午後北風で気温が低い中、生徒16名、PTA会員等約14名で、見事にビオトープが完成した。当日の様子は、足立よみうりホームページにも記載中。(http://www.ayomi.co.jp

Copyright(C) 2004 Nonprofit Organization Ecology Yume-Kikaku. All Rights Reserved.