■アカガシラサギ発見!

八潮市大曽根ビオトープにて、本事業スタッフが、中国から東南アジアにかけて生息し、日本では珍しいアカガシラサギを確認した。アカガシラサギは、飛び立った姿を見ると、その名のとおり頭と胴が赤茶色で羽は真っ白い。アカガシラサギは、すてられたプラスチックやタイヤを避けるように水浴びしていた。区の環境課の「鳥が来るようになったのは、川が少しでもきれいになってきた証拠である可能性も」とのコメントが新聞に掲載された。


新聞切り抜き(拡大画像)とアカガシラサギの写真

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA