■生き物を増やして池・湖沼浄化

主たる導入技術:浮遊型水質浄化機器バイオファン(特許番号3360075号)
バイオファンの論理・・(有限会社 センサ研究所 稲葉宏哉)

「ゆっくりと水を動かし底泥の表面に酸素を供給し、底泥の腐敗を改善し食物連鎖を回復させる。」
 

ダム湖沼の水質悪化の多くは、水底腐敗が原因で起きます。栄養負荷が直接の原因ではありません。アオコ・リン・窒素を悪者扱いして、これらを取り除いて水をきれいにしてもワカサギは戻りません。浄化より腐敗の進行が勝って、水はすぐ悪臭を放つようになってしまいます。浄化ではなく水底の腐敗を防ぐことが先決です。
バイオファンで水を耕し、水底の水を水面に導き、水面に拡がって水底にまた戻る流れを起こせば、多量の酸素を含んだ表層水が水底を這うように流れ、元の流れの起点に収束する循環流が起こります。この流れにより水底の酸欠が解消され、水底に堆積したヘドロの表面が好気性微生物の濾床に変わると、自浄の力がよみがえり、池・湖沼は生き返ります。

膨大なエネルギーも薬品もいりません。極わずかなエネルギーで水を耕すだけで済みます。酸欠で腐敗した水の底を太陽と風に晒すと、微生物の作用で低分子化されて生じたアンモニアや臭気が、水から発散し、水生生物や昆虫類、魚介類が元気に育つようになります。水底がプランクトンを生産する畑に変わり、食物連鎖が円滑になると、水の汚れもヘドロも畑の肥料として活かされます。水は光り、ヘドロや有機物は徐々に減少します。アオコの被害は言うまでもなく、悪臭もなくなります。富栄養化で病む湖沼は、自然循環のバランスが整った環境に生まれ変わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA